ウォーターサーバーの契約を見直す!違う会社の宅配水を比べて乗り換える!

ウォーターサーバー乗換比較.com

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーのデメリットや注意点とは?

投稿日:

ウォーターサーバーが人気を集めた理由とは

ウォーターサーバーが大人気となっています。
ウォーターサーバーを取り扱う業者もどんどん増えてきてこの勢いはしばらく止まりそうにもありません。
なぜ、今このようにウォーターサーバーが人気あるのでしょうか。
一番の根底にあるものは水道水が美味しくないということが根本にあるのかもしれません。
その安全性に問題があるとは言いませんし、以前と比べると日本の水道水も随分と美味しくなっているようですが根底には美味しくなかった水道水のイメージが都心ほどあるのは否めないことかもしれません。
そんな中で水が美味しい場所の採水地からの水を手軽に飲める、それも市販のペットボトルを購入して重たい買い物をしなくても宅配してくれて、レバーひとつで冷たい水や温かいお湯が出てくるというのであれば誰もが興味を持ち試してみようという気になってもおかしくないというものです。
ウォーターサーバーがここまで根付いてきたもう一つの背景には水に対してお金を払うということに関しての抵抗のなさが浸透していたということも上げられるでしょう。
市販のペットボトルなどの水が美味しいという感覚が既に根付いていたので、ウォーターサーバーの水に対しても比較できるものがあるためにすんなりと浸透していったのであろうということも考えられるのです。
ウォーターサーバーはとにかく便利です。
その上に、水の美味しさもプラスされてコストパフォーマンスもあるとなれば人気が出てくるのも当然のことだといえるのです。

ウォーターサーバーの解約方法

どんなものにも解約というものは付きものです。
それはウォーターサーバーでも同じことです。
ウォーターサーバーを解約する場合というのも理由はともあれあるでしょう。
ウォーターサーバーの解約に関しては注意をしておきたいことがあります。
ひとつは解約金が掛かる可能性があるということです。
解約自体は連絡を入れるだけで解約は可能ですし、次回から水が届くのを止めるのも簡単な事です。
しかし、契約年数が長かった場合は特に問題は起こらないと思われますが、契約して期間がないときに解約をしてしまうと業者によっては違約金が発生する場合があります。
その金額は1万円も超える可能性もありますので気をつけなくてはいけません。
もちろん中にはどのタイミングで解約をしても解約金が必要ないという業者もありますが、この点については本来であれば契約時にしっかりと契約書に目を通し確認をしておきたいものです。
携帯電話やスマートフォンのキヤリアと同じように契約をすると一定期間の縛りがある可能性があるということなのです。
他にもチェックしておきたいこともあります。
ウォーターサーバーを解約した時のサーバーの取り扱いです。
解約をすると業者がサーバーを引き取リに来てくれる場合もありますが、こちら側から郵送で業者に送らないといけないという場合もあるのです。
その場合、送料は消費者持ちとなります。
意外と大きな金額の送料となりますので家計にとっては痛いはずです。
このように契約をする時に解約に関してもしっかりと確認を取らないと思わぬ出費になってしまう可能性もあるのです。

契約トラブルに注意

どんなものでもトラブルというのはあるものです。
もちろん、ウォーターサーバーにもトラブルというものはあります。
考えられるトラブルのひとつは契約上の問題です。
レンタル料金やメンテナンス料金、解約時に関するトラブル等です。
これらは本来、契約書にしっかりと目を通しておけば起こらない問題ですので契約する側にも問題があると言えるのです。
また、ウォーターサーバー自体に関してもトラブルは考えられます。
ウォーターサーバーはお湯が出てきます。
使い方を間違えると火傷を負ってしまう可能性があるのです

特に小さな子供がいる家庭では取り扱いに気を回さなくてはいけません。
親の不注意が子供に怪我を負わせることになりかねないのです。
また、ウォーターサーバーの水はボトルに入っているものなどはかなりの重さになります。
女性やお年寄りには持ちあげるのにはかなり無理がある場合があるのです。
ボトルの取替の時なども細心の注意を払って行わないと思わぬ大怪我を招いてしまう可能性があるということも理解しておくべきでしょう。
また、根本的なことですがウォーターサーバーは設置するために場所を取ります。
控えのボトルの水などを考えると思いの外スペースが必要となってきます。
狭い住居に住んでいる場合にはウォーターサーバーを置くことで生活自体に弊害が出る可能性があることも忘れてはいけません。
物理的にウォーターサーバーを置くのが難しいのであれば止めるという決断も必要ということなのです。

サーバーが故障したら?

ウォーターサーバーを利用していると故障するという可能性が絶対にないとは言い切れません。
ウォーターサーバーは機器です。
そのため故障が起こるということも想定しておかないといけないのです。
ウォーターサーバーの故障にはどのようなものがあるのでしょうか。
想像できる故障には水が漏れてくる、水が冷えないもしくは温かくならない、サーバーが破損するというようなことが考えられます。
基本的には正常に動作がされるものが届けられているのですが、よほど無理な扱いとかをしていない限りは原因はサーバー自体にあると考えてよいでしょう。
もし、ウォーターサーバーが故障かなと思ったら自分であれやこれやと触ったり、直そうとするのは止めたほうが無難だと言えます。
いくら機械関係のことがわかっているとはいってもサーバー自体を購入しているのではなくレンタルしているのならなおのこと余計なことはしないことです。
万が一、妙に触ったおかげでもっと状況が悪くなってしまったら余計にややこしいことになってしまいます。
ウォーターサーバーの故障に関しては直ぐに業者に連絡をするということが無難なのです。
各業者には必ず故障などの連絡先の窓口が設けられているはずですのでそちらへ連絡を入れるようにしましょう。
基本的には簡単な故障の場合はその場で修理、そうでない場合は新しいサーバーに交換をしてくれるものと思われます。
サーバー自体に問題があった場合にはもちろん有料となるようなことはないはずです。

災害時の備蓄水としても活躍

日本という国は地震や台風など災害の多い国です。
そのため日常から災害が起こった時の備えをしている人も少なくないでしょう。
災害時に困ることの一つに食料品の確保と同時に飲み水の確保という問題があります。
人間は生きていくために水が必ず必要となるのですから災害時にしっかりと生命を守るためには水の確保は死活問題となるのです。
そんな中で注目をされているのがウォーターサーバーとなります。
基本的にはウォーターサーバーは水を毎日購入するということになります。
その水はボトル容器に入ったり紙のパックに入っていたりと様々です。
必要な本数を定期的に水を購入していくというのが一般的ではないでしょうか。
今、このウォーターサーバーの水が備蓄水として利用できるからと災害時に役に立つものとして注目をされているというわけなのです。
備蓄水ならペットボトルの水でも良いということにはなりますが、ウォーターサーバーの水のほうが結果的には場所も取らずにやたらと多い本数を用意しなくてもカバーできるために便利だといえるのです。
ペットボトルの水だと2リットルのボトルを20本も30本も用意するとするとウォーターサーバーの水ならば2本程度の予備があれば済むということになるからです。
ウォーターサーバーの水で備蓄水を持つようにするには本来必要な本数にプラス2、3本程度をいつも余分に持っておくことです。
そうすればその水は備蓄水としていつでも活躍ができる水として生きてくるのです。

ウォーターサーバーの今後

ウォーターサーバーのこれからということを考えていくと正直に言って明るい方向性しか見えてきません。
ウォーターサーバーがここまで普及してきたのはほんの10年程度のことでしょう。
しかし、その利便性の高さや水の美味しさの追求が行われていること、参入業者が増えてきて切磋琢磨されていることを鑑みると、これからもますます普及していくのだろうなということが目に見えているからです。
しかし、だからと言ってこのままの状態でずっと続いていくというわけでなく様々な点で改良をされていくことになるでしょう。
ウォーターサーバーの機器自体も水だけの供給でなくもっと他の飲料水にも対応をしだすかもしれませんし、水自体もさらに美味しさを求めて色々な付加価値が付いた水の普及も進んでくるかもしれません。
もちろん、改良しなくてはいけないことも出てくるかもしれません。
ウォーターサーバーのボトルの水などは非常に重く力のない高齢者などにとっては取り扱いが危険極まりない部分もあります。
高齢化が進んでいくのですからボトル水の軽量化などの何らかの措置も必要となってくるでしょう。
電気代が安く付くようにする方法やデザイン性に関しても消費者の求めてくる部分にはなるでしょう。
ウォーターサーバーは今後もますます発展していきながら日本の社会により浸透していくということが考えられます。
ウォーターサーバーの業者間の競争も良い意味で刺激し合いさらに便利に安全なウォーターサーバーが出てくることが望まれるのです。

-ウォーターサーバーについて
-, , , ,

Copyright© ウォーターサーバー乗換比較.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.