ウォーターサーバーの契約を見直す!違う会社の宅配水を比べて乗り換える!

ウォーターサーバー乗換比較.com

ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーにかかる費用はいくら?

投稿日:

維持に必要な費用

ウォーターサーバーにはかなりの数の水の種類が取り扱われています。
ということは、それだけウォーターサーバーを扱っている業者が多いということにもなるのです。
ウォーターサーバー選びをするときにはどこの業者に頼もうか迷ってしまうことになるのですが、業者選びの判断基準は扱っている水の内容も大切でしょうが、やはり水の費用がどれくらいするのかということではないでしょうか。
ウォーターサーバーに設置する水の容器もボトル対応やパックになっているものなどがあります。
それぞれに入っている水の容量は変わってくるのですが、ボトルタイプの場合はほぼ12リットルタイプというのが標準的なものとなっています。
価格を見ていきますと業者によって幾らかの違いが出てくるものの一般的な天然水であれば1,000円から1,300円程という場合がほとんどのようです。
どこの業者の水が良いかは好みがあるので一概には言えませんが、気をつけておきたいこともあります。
水のボトルなどに関しての配送料は基本的にほぼどこの業者でも無料で対応をしているようですが、業者によっては1回の配送時に2本以上の注文から出ないと受付けないとか、毎月定期的に2本以上の注文が必要といった取り決めがある場合があるので予め確認をしておきましょう。
また、ウォーターサーバー自体に関しても毎月別途でレンタル料を取る業者もいますので注意をしておきましょう。
水の料金やサーバーにかかるレンタル料など色々なことを加味してウォーターサーバーは選びましょう。

月々に発生する電気代

どれだけウォーターサーバーが利便性が良く、水が美味しいとしても他にかかる費用が高く付くのであれば経済性に富んでいるとはとても言えません。
ウォーターサーバーの電気代を見ていきますと、ほんの少し前まではどんぐりの背比べでどの業者であっても月にかかる電気代は1,000円程度というのが当たり前でした。
月に1,000円というのは決して安くもないですがべらぼうに高いというわけでもありません。
ところが、最近ではエコタイプのウォーターサーバーも出現してきました。
電気代が以前と比べると格段に安くなってきているのです。
具体的には月に300円から500円以内の電気代で済むウォーターサーバーが増えてきたのです。
これは画期的なことです。
今までの半分から3分の1の電気代で済むのですからありがたいことです。
ウォーターサーバーの業者間でも何とかして他社との差別化を図ろうと努力をしていることがよくわかるというものです。
この電気代の違いはウォーターサーバーを選ぶ際には大きな判断材料ともなるでしょう。
水に関しては好みもあるために値段よりも譲れないものがある可能性もあるのですが、こと電気代に関しては安いほうが良いに決まっているのですから自ずと選択肢は安い電気代のウォーターサーバーへと狭まっていくのです。
ウォーターサーバーは電源を必要としている機器です。
そのため停電の時は使用できません。
いきなり保温温度が変化することはないのですが時間の経過とともに常温の水へと戻っていくのです。

メンテナンスにかかる費用

ウォーターサーバーの契約に際して見逃しがちな項目がメンテナンスということになります。
ウォーターサーバーは機器ということになりますので定期的にメンテナンスが必要となってくるのです。
ウォーターサーバーの契約時にはとかく水の料金や種類などに目が行きがちですが、定期的にやってくるメンテナンス時期での対応はどうなっているのかを予めしっかりと把握しておくということは大切なこととなります。
メンテナンスに関しては業者によってまったく対応がマチマチとなっています。
ウォーターサーバーのレンタル料金は無料だけれどもメンテナンス料金は毎回必要だという場合やレンタル料金がかかるのだけれども、都度行われるメンテナンスに関しては一切無料だという場合もあるのです。
また、レンタル料金やメンテナンスに関して全て無料としている業者もあります。
メンテナンスは1年に1回か2年に1回程度行われます。業者が行うメンテンスはサーバー内部のメンテナンスとなり、その場で掃除を行う場合やサーバー自体を入れ替える場合など対応は様々です。
ウォーターサーバーの外目の部分の汚れやちょっとした水回りの掃除は平生から自分自身で基本的には行うということになるのです。
最近では一切メンテナンスを定期的に行わなくても対応できる機器も出てきているようですが、メンテナンス料金は業者によっては馬鹿にならない金額となりますので、契約の際にはしっかりとメンテナンスに関しても確認をしておいたほうが無難です。

配送にかかる費用

ウォーターサーバーを設置すると水を宅配してくれます。
それは注文に応じてという場合もあるでしょうが、毎月定期的に送ってくるというパターンも有ります。
自分の家庭でどれだけの水を使うのかを把握して予め予定を立てなくてはいけません。
飲料水としてだけ使用するのか料理にも利用するのかで使う水の量は全然、変わってくるからです。
一般的にウォーターサーバー用の水を配送してもらうには別途配送料がかかるということはありません。
基本的には商品である水の価格に運賃も含まれているという考え方で良いのではないかと思います。
ただし、いくつか気をつけておきたいことがあります。
普通に水を注文して定期的に水を届けてもらっている分には何の問題もありませんが、定期的に発注している水を発送の停止を依頼したり、休止を依頼すると休止手数料をとる業者もあるようです。
また、たまたま長期間不在であったりして水の受け取りができなかった場合なども別途配送料を取られることもあるので注意が必要です。
思わぬトラブルに発展しないように予め契約に関してはしっかりと目を通し確認を怠らないことが大切です。
また、やむを得ず休止などをするときも連絡をしないで放っておくのではなく、こちらの都合で変更をするわけですからきっちりと連絡を業者に行うということも大切だと言えます。
水の配送料に関しては通常は気にする必要がないのですが、イレギュラーな対応が必要になった時にどのような対応になるのかをしっかりと確認しておきましょう。

どのくらい経済的なのか

ウォーターサーバーを利用するということは経済的な面を重視してでしょうか、それとも利便性を重視しての利用ということになるのでしょうか。
おそらく経済的な面だけを重視するのであればどう考えても水道水を納得して利用するべきでしょう。
ウォーターサーバーを利用するとなるとサーバーレンタル料や水の料金、定期的なメンテナンス費用もかかってくる可能性があるからです。
そうではなく水道水に対して不安があるので安心や安全のためにウォーターサーバーを利用するのだという人もいるでしょう。
こうした人は経済性を重視しているというわけではないということになります。
おそらくウォーターサーバーを利用する多くの人が利便性を重視していると言っても良いのではないでしょうか。
簡単に冷たい水や温かいお湯が飲めるということと美味しい水が飲めるということに価値を見出しているということになろうかと思います。
実際にウォーターサーバーの経済性を見たとしても非常に微妙なところがあります。
市販のペットボトルを購入することを継続する場合と比べても電気代などを加味していくと決してウォーターサーバーのほうが安く付くとは言い切れない部分もあるのです。
ただ、突出してウォーターサーバーを利用すると費用が高くつくと言うわけではありません。
ウォーターサーバーの便利さや配達をしてくれるという部分を考えると、目に見えないメリットが水道水を利用したり市販のペットボトルを購入するよりもあるということなのです。

最後に

ウォーターサーバーは水道水よりも美味しいし、品質管理も行き届いているから安心だと思っている人も多いのではないでしょうか。
水の美味しさを求めるという点ではウォーターサーバーは優れていると言えます。
自分好みの水を数ある採水地や水の中から選択して飲むことができるのですから。
水道水では水源の指定など到底出来ませんし味に関しても美味しさを追求するのにも限界があるでしょう。
間違ってはいけないのは水道水が安全ではないという考え方です。
安全基準という点だけを重視すると水道水のほうがウォーターサーバーよりも断然、安全基準の項目が多く設定されています。
その意味では水道水のほうが安全性は確保できているということも言えるのです。
ただ、ウォーターサーバーの場合は各業者が徹底して品筆管理を行っています。
そのため、企業として死活問題となるようないい加減な水を販売するとは考えられないので一定の安全や安心感を与えてもよいでしょう。
水道水が蛇口まで運ばれてくる配管の古さゆえにその安全性に疑問が投げかけられることがあるように、ウォーターサーバーについてもボトルの水がいくら安全性が高くても蛇口までの配管に雑菌が繁殖してしまうと安全性は損なわれるということは理解しておくべきでしょう。
ウォーターサーバーの安全性ということで一番気にかけなくてはいけないのは、蛇口付近を清潔にするなどのウォーターサーバーのメンテンスを消費者がきっちり行えるかどうかにかかっている部分が大きいのです。

-ウォーターサーバーについて
-, , , ,

Copyright© ウォーターサーバー乗換比較.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.