ウォーターサーバーの契約を見直す!違う会社の宅配水を比べて乗り換える!

ウォーターサーバー乗換比較.com

ウォーターサーバーについて

飲料水の種類について

投稿日:

日本の水道水

日本においては水自体はどこにでもあるという感覚が強いものです。
川の水でもそうですし、溜池にも水はあります。
地下にも豊富な地下水が巡っています。
それらの水を浄化して我々は飲水に適した水道水として口にできるようになっているのです。
日本のように水道が全国にめぐらされて水道の蛇口から飲水が出てくる国は非常に珍しいといいます。
しかし、だからといって水道水が美味しいのかというと疑問符がつくところもあります。
特に都心においてそれは言えるのではないでしょうか。
安全性はどうなのでしょうか。
もちろん、日本の水道水は確固たる安全基準があって品質に関しては安全であるといえるでしょう。
しかし、地下水はどう汚染されているかわかりません。
水道水にしても水自体は汚染されていなくとも蛇口に至るまでの経路はどうでしょうか。
配管に関しては随分と古くなっていたり腐敗しているところもあると聞きます。
そう考えていくと日本の水道水も地下水も絶対に安全ということは言えないのかもしれません。
そういう意味では安全性が保証されているような水が売上を伸ばしているというのは納得できるような気もします。
妙な混ざりものがないと保証されるのであればお金を出しても水を購入するという行為も当たり前になってきているのです。
それは市販のペットボトルの水もそうですし、ウォーターサーバーの水も同じことが言えるのです。
特にウォーターサーバーに関しては家まで運んでくれるということもあり最近は大きく注目もされ売上を伸ばしているのです。

天然水

天然水とはまさに名前の通りの水となります。
天然の水なのです。
日本中、天然水で有名な地域はたくさんあります。
そうしたところで飲水に適しているとみなされ、人による手も入れられずに加工もされていない純粋な水が天然水ということになります。
天然水はどこの採水地の水も同じものだというわけではありません。
その土地の環境に応じて水自体は中性に近かったり弱アルカリ性の水であっったり、アルカリ性の強い水であったりと違いが生じてくるのです。
天然水はそれだけの違いではありません。
人間が感じる美味しさの感覚の違いも生じてくるのです。
なんとなく甘みを帯びた水とか澄んだような味がする水とかいった表現のものがそれに当たります。
このように天然水には様々な種類があるため人によってその好みも違ってきているということも言えるのです。
最近ではその種類の豊富さゆえに自分好みの水を選ぶということも当たり前のような習慣となってきてもいるのです。
水道水の安全性は保証されているもののカルキ臭であったり、塩素消毒の臭いがどうしても鼻につき美味しくないというイメージが有ります。
そうした点では天然水は美味しくてミネラルが豊富で栄養価も高く体に良いというイメージがあるのは確かです。
最近流行りのウォーターサーバーなどにも天然水を利用しているものも数多くみられるほどです。
気をつけたいのは、天然水は水道水よりも基準が低くなってしまっているものもあるのだということです。
ウォーターサーバーを導入するときなどもそうしてことには気にかけておきたいものです。

ミネラルウォーター

ペットボトル入りで販売されている水やウォーターサーバーの水はいろいろな水が使用されています。
その中でも目につくのが天然水という表現やミネラルウォーターという表示ではないでしょうか。
多くの人が天然水もミネラルウォーターも同じと思っている人が多いようです。
しかし、実際には少し違っている部分があります。
ミネラルウォーターは地下水を採水した後に容器に詰めたものではあるのですが、人の手によってミネラルがブレンドされたり調整されているものとなるのです。
天然水はこうしたミネラルの調整は行われるようなことはありません。
天然水は自然の水そのものの水に近いのだけれども、ミネラルウォーターは人により手が入れられていることになりますので、より飲みやすくより健康に良いように加工をされている水ということになるのです。
ただ、天然水と比べるとミネラルウォーターは殺菌処理や不純物の除去が徹底して行われていますので、天然水よりも安全性は高いという部分があるのも事実です。
ミネラルウォーターは殺菌を行っているために本来、天然水に入っていたと思われているミネラルの成分がなくなってしまうものもあるので別途でミネラルを添加していくという形になるのです。
市販のペットボトルでも最近ではウォーターサーバーでもミネラルウォーターはたくさん種類があります。
様々な水の特性や機能性をよく理解して自分の好みにあった水を探すというもの良い方法だといえるでしょう。

硬水と軟水

我々が口にするミネラルウォーターには硬水と軟水があります。
最近、特に水というものに関しての関心も高まりおいしい水を求める人も多くなったことから、市販のペットボトルの水やウォーターサーバーの水などに表示に対しても関心が強くなり、耳にする機会が多くなった言葉であると言ってもよいでしょう。
硬水と軟水の違いは簡単に言うとミネラルの量が多いか少ないかで分けることが出来ます。
ミネラルが豊富に含まれているものを硬水、一定の基準値よりも低いものを軟水というのです。
その基準はWHOにより以下のように定められています。
硬度はミネラルであるカルシウムとマグネシウムが水にどれだけ含まれているのかを表す指標となるものなのですが、その値が0~60未満のものを軟水、60~120未満を中軟水、120~180未満のものを硬水としているのです。
市販の水やウォーターサーバーの水でも硬水も軟水も販売されていますが、日本の水道水や地下水は基本的に全て軟水に分類されるのが一般的です。
硬水と軟水では料理や用途に向き不向きがあります。
軟水の場合はご飯を炊いたり日本茶や紅茶などの香りを楽しむようなお茶に利用するのに向いていると言われます。
また、日本料理のように出汁や旨味を重視する料理には最適とも言われています。
硬水は洋風の肉料理などに向いており肉の臭みなどを消すとも言われています。
運動後のミネラル補給や妊婦の栄養を考えると硬水が向いている場合も結構あるようです。
このように軟水と硬水は性質が違ったものとなっています。
用途を使い分けるとより美味しく水を利用することができるのです。

RO水

ウォーターサーバーが家庭でも普及をしだして天然水やらミネラルウォーターなど水に関しての種類にも敏感になってきている消費者も増えてきています。
そんな中でRO水という言葉を耳にすることも増えてきました。
ウォーターサーバーの水としても使用されているRO水とはいったいどのような水なのでしょうか。
一般的に天然水は文字通り天然の水を水源から採水して飲料水として出回っているものですが、RO水のベースとなるものは水道水ということになります。
水道水を逆浸透膜というフィルターを通過させろ過することで不純物を全く取り除いた水ということになるのです。
天然水は天然の水を基本としているためミネラルが豊富に含まれており、天然水独特の風味とも言えるものを味わうことが可能となっているのですが、RO水には基本的にはミネラルは含まれておりません。
そのため独特の風味といったような感覚を味わうことも出来ません。
しかし、RO水のほうが安全性などを考慮すると安心感はあるといえる部分もあるのです。
実際のRO水に関しては混ざりっけのない純水に近い水にしたものに水の美味しさを引き立てるために後からミネラルを人工的に添加しているといった場合も多いようです。
値段を見ていきますと完璧にRO水のほうが安い価格となっています。
どちらが良いとは一概にいうことは出来ません。
人それぞれに好みもありますし、何より安心感や安全という点を重視する人は天然水の風味よりも純水に限りなく近いRO水を選択する人も存在するということなのです。

ウォーターサーバーの水

家庭において美味しい水を購入しようとすると市販のペットボトルの水をスーパーなどで購入するという方法が一般的でした。
しかし、この数年でその様相も変化しつつあります。
ウォーターサーバーを設置するということが家庭においても浸透してきたのです。
ウォーターサーバーはレバーひとつを操作することで良く冷えた冷たい水や温かいお湯が利用できる便利なサーバーとなります。
その利便性の高さとウォーターサーバーで使用する水においては宅配で家まで配達してくれるという重宝さから一般家庭においても大きく普及をしだしているのです。
ウォーターサーバーの機器は置く場所を必要とするものの最小限のスペースさえあれば設置が可能で、最近では部屋のイメージに沿うことができるようなオシャレなサーバーも出現してきています。
ウォーターサーバー本体は業者からのレンタルとなっている場合や購入するというパターンに分かれます。
かかる費用は業者によってマチマチなのですが、一番の違いが生じてくる部分というのがどのような水を使用するのかという事になります。
業者ごとに天然水やミネラルウォーター、RO水などを準備し採水地にもこだわりを持っているといった水を消費者に提供しているのです。
ウォーターサーバーを扱っている業者も年々増加し競争も激しくなっていますが、消費者にとっても選択肢が広がっています。
価格の安さを追求したウォーターサーバー選びも品質や美味しさを追求したウォーターサーバー選びもどちらも可能となっているのです。

-ウォーターサーバーについて
-, , , , , ,

Copyright© ウォーターサーバー乗換比較.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.